主催:NPO法人みんなのダンスフィールド(Inclusive Field for Dance since 1998)
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
NPO法人みんなのダンスフィールド

Copyright (C) 2019 NPO法人 みんなのダンスフィールド (Inclusive Field for Dance since 1998) All Rights Reserved.

  • みらいへのまなざしスタッフ

みらいへのまなざしワークショップを行いました!(7/28)




7/28(日)に、みらいへのまなざし夏休みワークショップの初回を行いました。小学1年生から小学5年生の子どもたち7名と、保護者の方7名、プロジェクトメンバーの9名、ダンスフィールドの6名、カメラマンさんや大学生2名で行いました。子どもたちは、初めて出会う子も、女の子も男の子も、障害の有無も、色んなみんなが集まりました。


時間になり、いよいよワークショップが始まりました。一人やお友達と不思議な形を作ったり、手と手を合わせて会場全部に絵を描くように動いてみたりと、体をいっぱい動かしながら、みんなで一緒に表現していきました。ファシリテータが「誰かと一緒に~」と声をかけた時、お友達や知っている人とや、うまく出会えない子もいましたが、「まだ出会ってない人と~」という声かけや動きから、少しずつ初めての人と誘いあう場面も増えてきました。


てあわせを見合う時には、体を伸ばして風のように走ったり、全身でみんなに広い世界を伝えたりと、ふっと惹き付けられる瞬間がたくさん生まれ、自然と拍手が起こりました。また、「エアーダンサー」という風で不思議な動きをするダンサーが出てくると、声をかけずとも、みんなで大きく動き出し、とても素敵な笑顔で踊っていました。


その後の休憩では、まだ友達同士で恥ずかしさがあるようでしたが、勇気を出して話しかけたり、車椅子に乗ってみんなでお散歩するなど、子どもたち同士の交流が生まれてきました。


休憩後からは、9/15のパフォーマンスに向けた作品練習になりました。作品の大きなテーマは「見る」。実際に動きながら、体全体で色んな「見る」をやり、3グループに分かれて、どんなところを見てみたいか、をテーマに、たくさん意見を出し合いました。


穴の中やリモコン、パソコンの中に入ってみたい。

深い湖や宇宙を見てみたい。

富士山やスカイツリー、動物園でキリン、リスを見てみたい。


と、グループごとに違ったなイメージが出たので、それを基に作品をつくっていきました。


どのグループも、どうしようか?これやりたい!ここは、誰が出ようよ。など、たくさん意見を伝え合いながら、発表に向けて練習していきました。


最後に、作品発表の時間となりました。


1グループのタイトルは「宇宙ロケットは海底に」 宇宙でふわふわと歩いたり、海でクラゲやカニに出会って遊んだりと、色んな場所を旅していきます。見ているみんなも、手拍子したり声をあげて楽しそうにしていました。


2グループのタイトルは「テレビの中へ」 ダンスフィールド、ゲーム、CM、夏祭りと、みんなで色んな番組の世界をつくっていきました。CMでは寝転んだり、綿菓子ではみんなでクルクル回ったり、面白い場面がたくさんありました。


3グループのタイトルは「見る見る探検隊」 キリンが現れたり、富士山が爆発したり、鳥の大群のように飛び回ったりしました。登場から勢いがあり、また体を伸ばして上に上にと山を登ったり、素敵な動きがたくさんありました。


どの作品も、終わったあと大きな拍手が起こりました。また、みんなが一緒に伸び伸びと表現している姿がたくさんあり、とても素敵な時間でした。発表のあと、子どもたちから


「みんな色んな動きがあって良いと思った」

「3グループに分かれて動くのが楽しかった」


など感想があり、お母さん方からも、


「みんなが凄く生き生きとした笑顔で、気持ち良さそうでした」

「同じ動きをしているようでも個性が出ていて、見応えがありました」


と素敵な感想をいただきました。ワークショップの最後は、会場の全員でてあわせをして終了しました。


皆さん、ありがとうございました。次回も、素敵な作品ができるように、みんなで頑張っていきましょう!